Question_C of アラスサッカーセンター緑山スクール

相談コーナー


Question_C

先日のセレクションに落ちました。息子は何が足りないのでしょうか・・・。

サッカーに正解はありません。間違いもありません。

W_No_01.gif息子がお世話になっております。いつも丁寧に指導いただき、本当にありがとうございます。基本技術もメンタルもアラスに入り、息子なりに成長したと感じております。わざと、松ちゃんは怖くないのか?言ってることわかるのか?と聞くと「怖くないよぉ!オレが上手くなる為のアドバイスをくれてるんだよ!」そう答えます。今後も、サッカー経験のない私自身(保護者が)が技術面での助言は避けるつもりですが、まだまだ吸収力のある年代である彼に何をアドバイスしてあげれば良いでしょうか。
“セレクション”
来年度の自分、その先の自分のサッカーをする場所まで決まることと少しは認識したとは思うのですが、自分を出し切るには至らなかったようです。少々緊張しいの彼にとっては貴重な経験でした。大変長くなりましたが、数年に渡り息子を見て頂き、さらに今後につながるアドバイスを頂ければ幸いです。
(良い事も直した方が良い所も含めて何でも)宜しくお願い致します。(4年生)

 先日は寒い中セレクションにご参加いただきありがとうございました。受けてくれたみんなをトレーニングセンタークラスで受け取りたいのですが、コーチングのクオリティーを大切にするにはある程度人数をしぼることも必要です。また、アラストレーニングセンターU-12(アラスU-12)も5期生のセレクションとなり、在籍選手も含め、参加する選手たちのレベルも年々高くなってまいりました。今では神奈川県選抜(トレセン)、横浜選抜(トレセン)、川崎選抜(トレセン)、町田選抜(トレセン)、東京都10ブロック選抜(トレセン)などに選出されることがごく当たり前となっております。そのような高いサッカー環境では、より時間とスペースの少ない中・・・いわゆる高いプレッシャーの中でのサッカーの基本技術(ボールを蹴る、止める、運ぶ)が要求されます。そしてなおかつ、相手との駆け引きを楽しみながらゴールを奪う、ボールを奪う・・・、つまりサッカー自体を楽しむアイデアやゆとり、身体のしなやかさが大切です。(実際に地域トレセンU-12で10年間指導をしてまいりましたが、町クラブの子たちでもJリーグ下部組織に勝つことができるようになります。)

 しかしながらそうなるにはある程度の高いレベルでの経験が必要です。

 いまの〇〇くんは、あまり高すぎるプレッシャー(速さ・強さ)の中ではなく、自分の特徴を生かし自分のサッカーを磨き、サッカー自体を楽しむコトが先なのかなと感じます。
(今後お入りいただくスペシャリストコースでも十分高いレベルです。)

 まずサッカーの技術は上手になってきていますのでご安心ください。ただ、今足りないのは「自由な発想で相手の読みの裏をつく」とか「あっと驚くようなアイデアを発明するなど」、自由なサッカーを表現する部分と感じます。

 サッカーに正解はありません。間違いもありません。攻撃はゴールを奪う、守備はボールが奪えればよいのです。時代とともに変化し、世界の国々で違ったスタイルでぶつかり合い世界一を懸けて闘えるところが面白いところです。

 サッカーの魅力は、ヒトのプレーを真似するコトではなく、ヒトから教えてもらうのではなく、自分で自由に発想・表現できるところです。アラスでは、観る技術、蹴る技術、運ぶ技術、止める技術のコツを教えるコトはできます。それらの技術は「ハサミを使うコツ」とお考えください。「なにをいつどのようなカタチに切る」かは自分で決めて、自分で表現し、自分で失敗してはじめて身に付くものです。それらはひとりひとり違っていていいのです。このあたりをヒントに是非ともアドバイスしていただけたらと思います。
 最後になりますが、どのコース・クラスでもメインコーチは私が担当します。責任を持って彼の成長を見届けていきたいと強く感じています。

質問の上にカーソルを合わせてください

アコーディオン式のページです

Help.pngこの部分に質問の内容が表示されます
コーチからの返答が表示されます。他の質問を見る場合は他の質問の上にカーソルを合わせてください。

コーチへの疑問・質問・相談は「お問い合わせ」よりメールにて受け付けております。

ページの先頭へ


相談コーナー Advice

KBC_logo.ai2013_HP_G.jpg
shop-logo.png

ページの先頭へ